一眼レフはピント合わせが難しい!ビデオカメラと一眼レフはどっちが優れている?

動画撮影をする際に、ビデオカメラと一眼レフのどちらを使えばいいか迷っている人もいるでしょう。一眼レフは綺麗な動画が撮影できる一方で、ピントが合わせにくいデメリットがあるので注意しなければなりません。ここでは、一眼レフで動画撮影する際の注意点や、一眼レフとビデオカメラのそれぞれのメリットについて紹介します。

一眼レフのピント合わせは初心者には難しい

一眼レフカメラで動画撮影する際に、一番難しいと言われるのがピント合わせです。ビデオカメラと違って、一眼レフは写真撮影をメインに開発された機材なので、動画を撮影する際は事前にセッティングしてピント合わせをしておく必要があります。

一眼レフにはビデオカメラよりも大型のイメージセンサーが内蔵されているため、ピントが合っている被写界深度が浅くなります。そのため、動画撮影の際にピントが合わせづらくなってしまうのです。

ピントがしっかり合っているかどうか事前に確認しないと、動画撮影の際に失敗しやすいので注意しましょう。

一言で一眼レフといっても、ピントを合わせやすいカメラと、そうでないカメラがあります。手動でピントを合わせなければならないカメラもあるので、動画撮影をする際はカメラ選びを慎重に行いましょう。ピント合わせの部分だけを考えれば、一眼レフよりもビデオカメラを使うほうが簡単です。

一眼レフだとピント調節までに時間がかかるので、初心者には難しいでしょう。あくまで上級者向けだと言えます。基本的に一眼レフは静止画撮影がメインのカメラなので、動画撮影には向いていません。短時間の動画撮影や、定位置での動画撮影であれば一眼レフでも可能ですが、長時間の撮影や歩きながらの撮影には不向きです。

ピントの合った映像を撮影するには、それなりの知識と経験が必要になるので、今すぐに動画を撮影したいなら、一眼レフよりもビデオカメラを選んだほうがいいでしょう。ただ、一眼レフにはビデオカメラにはないメリットがたくさんあるので、シーンに合わせて一眼レフとビデオカメラを使い分けるのがベストです。

一眼レフで動画撮影するメリット

一眼レフで動画撮影をする最大のメリットは、満足度の高い撮影ができるという点です。一眼レフに備わった機能を使いこなせば、素人でもプロ並みの動画が出来上がります。背景をあえてボカして、映画みたいなかっこいい動画を撮影することも一眼レフなら可能です。

一眼レフでの動画撮影は初心者にはハードルが高いですが、上級者であれば満足のいく撮影ができるでしょう。レンズを自由に取り替えられるのも、一眼レフを使うメリットの一つです。ビデオカメラはレンズ交換をすることができませんが、一眼レフであれば対象物に合わせて様々なレンズに取り替えることができるため、映像のバリエーションを増やすことができます。

カメラを購入したあとにカスタマイズを楽しみたい人や、映像のクオリティにこだわりたい人には、一眼レフが最適です。そして、一眼レフなら、高画質の動画撮影が可能になります。ビデオカメラと比べて、一眼レフは光を取り込みやすい構造なので、暗い場所でも明るく綺麗に撮影できるメリットがあります。

業務用のビデオカメラを使えば、高画質な動画を撮影することも可能ですが、高い費用がかかるので簡単に手出しできません。なるべくお金をかけずに絵作りを楽しみたいのであれば、一眼レフを選んだ方がいいでしょう。また、一眼レフは動画と写真撮影の両方を楽しめるため、わざわざ別のカメラを持ち歩く手間がかかりません。

一眼レフであればビデオカメラよりもサイズが小さいタイプが多いので、旅行先などで簡単に動画撮影を楽しむことができます。

ビデオカメラで動画撮影するメリット

一方、ビデオカメラにも、一眼レフにはない様々なメリットがあります。最大のメリットは、長時間撮影ができる点です。一眼レフで動画撮影をしようとすると、バッテリーの消費が早いので予備のバッテリーが必要になりますが、ビデオカメラであれば運動会など数時間かかる動画撮影も可能です。

ビデオカメラには持ち手がついているため、長時間撮影しても疲れにくいメリットがありますが、一眼レフは持ち手がないので長時間撮影する際は大変です。そして、ビデオカメラならピント合わせに悩むことはほとんどないため、初心者でも綺麗な動画を撮影することができます。

動きながら動画を撮影することも可能ですが、綺麗に撮影したいなら手ブレの影響が出にくいビデオカメラを選んだほうがいいでしょう。最近では女性でも扱いやすい小型のビデオカメラが販売されているので、長時間の撮影でも困ることはありません。

片手でも楽に扱えるので、歩きながら撮影することも可能です。さらに、最近のビデオカメラは画質レベルも向上しているので、素人でも綺麗に撮影することができます。ただ、ビデオカメラは一眼レフほど画質にこだわることができません。

あくまで動画撮影のための機材にすぎないので、画質を優先したいのであれば、一眼レフを選んだほうがいいでしょう。

目的に合わせて使い分けよう

上述したように、一眼レフとビデオカメラはそれぞれ異なるメリットがあるので、目的や状況に合わせて使い分けるのがベストです。一眼レフはピントが合わせにくいデメリットがある一方で、高画質な動画を撮影できるメリットがあるので、映画作りを楽しみたい時に最適です。

一眼レフの機能を使いこなすことができれば、満足のいく動画を作ることができます。また、カスタマイズしやすいメリットもあるので、絵作りにこだわりたい場合は一眼レフを選んだほうがいいでしょう。ただし、一眼レフはお金がかかりやすいデメリットもあるので、浪費には気をつけなければなりません。

ビデオカメラは一眼レフに比べて画質が劣りますが、長時間撮影に強いので、あくまで記録用の撮影として最適です。カスタマイズはできませんが、レンズを買い足す必要がないため、お金をかけずに動画を撮影することができます。

絵作りにこだわらないのであれば、ビデオカメラで十分だと言えるでしょう。

スペックや性能も比較

一眼レフとビデオカメラのどちらを買うにしても、製品やモデル、メーカーによってスペックや性能が異なるので、よく比較してから選ぶ必要があります。どちらも年々性能がアップしているので、こまめに買い換えれば、より満足のいく動画を撮影することができるでしょう。